インターナショナルヘルスケアクリニック

インターナショナルヘルスケアクリニック

ブログ

2017.12.15

インターナショナルヘルスケアクリニック:医療搬送 2

医療搬送

前回、医療搬送に関してブログに掲載しましたが、今回は医療搬送の流れを何回かに分けてお伝えしたいと思います。そして、このブログを読んでいただく事により、医療搬送が必要な時に、どの様な準備を行えばよいのか、ご理解いただければと思います。医療搬送の依頼をして頂く際に、以下の準備をして頂けると依頼してから医療搬送を行うまでの時間を短縮する事ができます。

医療搬送を行う際に一番重要な事は、現在治療を受けている方の情報です。

1.現地で入院した場合、どの様な状況で入院にするに至ったかの情報が必要となります。情報の内容としては、いつ、どこで、どの様な状態になり、最終的に入院に至ったかという事です。例えば、”入院した日の朝に、ホテルに滞在中、胸の不快感を訴えて、話かけても反応が良くなかったので心配になり救急車を呼んで病院に行きました。” などです。

2.現在入院している場合、入院している方の現在の状況が必要となります。一番早い方法は、入院している方の担当医に、診療情報を依頼していただく事です。診療情報には、入院に至った経緯、どの様な治療を行ったのか、現在の状況、内服薬や点滴の種類、既往歴等々が記載されています。もし会話に不安がある場合は、直接診療情報の提供依頼をこちらから行う事が出来ますので、その際は、現地の病院に○○という、医療搬送を行っている会社から連絡がいきますと伝えて頂けると情報が入手しやすくなります。さらに、個人情報開示の承諾書に必要事項を記入して頂けると、診療情報の提供依頼を行いやすくなります。

医療搬送は上記の内容を基に、現地病院の医師(この方が中心となります)、医療搬送会社の医師、そして航空機を利用する際はその航空会社の医師の判断の元、医療搬送の準備を始めていきます。

今回は医療搬送を依頼して頂く際の必要事項を書かせていただきました。

もし、医療搬送に関してご質問がございましたら、遠慮なく03-3501-1330にお問い合わせください。