インターナショナルヘルスケアクリニック

インターナショナルヘルスケアクリニック

ブログ

2018.1.17

インフルエンザの感染予防(Protecting from influenza infection)

海外渡航者ワクチン

インフルエンザとは、インフルエンザウィルスによって引き起こされる感染症で、国立感染症研究所の発表では、AHpdm09のインフルエンザウィルスによる発症が一番多く、次いでB型、AH3型の順でインフルエンザが流行しています。 現在インフルエンザの発症者が多い県は宮崎県、次に沖縄県、大分県の順になっています。

インフルエンザの感染方法は二種類あり、感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫を、口や鼻から吸い込み事によって感染する飛沫感染と感染者がくしゃみや咳を手で押さえ、その手で触ったものを非感染者が触ることによって感染する接触感染があります。主な感染場所は飛沫感染、接触感染ともに、電車やバスの公共交通機関や学校などの人が集まる場所が多く、接触感染の場合は電車やバスのつり革やドアノブなどが主な感染源となります。

インフルエンザの感染予防の方法は主に手洗いとマスクの着用です。ウィルスは石鹸に弱いので外出先からの帰宅時や調理の前後など、こまめに手洗いを行う事が大切です。次にマスクの着用は自身がすでにインフルエンザにかかってしまった場合、マスクによって他の人への感染を予防する他、まだ感染していない方のインフルエンザ予防にも効果的です。適切な湿度を保つ事も効果的で、空気が乾燥すると喉の粘膜の防御機能が低下する為、湿度を5060%に保つことにより、インフルエンザの感染予防に役立ちます。また、市販されているアルコール手指消毒剤(例えば手ピカジェル等)も予防に効果的なので、外出の際に携帯用の手指消毒剤を携帯するのもお勧めです。

もしインフルエンザに感染すると以下のような症状が現れます。

1.         38℃以上の発熱

2.         頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状

3.         喉の痛み、鼻水、くしゃみ、咳などの局所症状

もし上記の症状が現れた場合、特に幼児や高齢者、持病のある方や妊娠中の女性は肺炎や脳症などの合併症のリスクが大きい為、すぐにお近くの医療機関で受診して下さい。

 

  

Influenzas is disease that is occurred by the infection of influenza virus.  According to National Institute of Infectious Disease, AH1pdm09 influenza virus is the most popular cause of influenza.  Then Type B influenza virus and AH3 influenza virus are the second and the third cause of influenza.  Compare to prefectures in Japan, top three worst cases of influenza are Miyazaki, Okinawa, and Oita.

People are infected influenza by two ways. First is droplet/air infection that is infected by coughing and saliva.  Second is contact infection that is infected through strap of the public transportations such as train and bus and doorknob that is touched by people who are already infected influenza virus.

For protecting from influenza virus, washing hands and wearing mask are important.  Influenza virus could be killed by soap, so it is very important to wash hands after coming back from outside, before cooking, and so on.  Wearing mask is also important. Wearing mask is good for not only protecting from influenza virus but also not spreading influenza virus when you are already infected by it.  Keeping between 50 and 60% humidity inside of a house is also important to protect from influenza virus.  We recommend using antiseptic products such as “Tepika Jel” for protecting from Influenza virus when you go out.

When you are infected by influenza virus, symptoms such as;

1.         Fever that is more than 38

2.         Headache, joint pain, muscle pain

3.         Sore throat, mucus, sneezing, cough

If these symptoms show, please contact hospitals and clinics especially children, elderly people, person who have disease and people who are pregnant because they have risk of pneumonia and encephalitis.

 

参考資料

国立感染症研究所

https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/a/flu.html

 健栄製薬

http://general.kenei-pharm.com/products/手ピカジェル/

政府広報オンライン

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/200909/6.html

シオノギ製薬

http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/influenza.html