I.H.C. クリニック

ブログ

インド南西部で二パウィルスが流行(Nipa virus outbreak in southwest India)

5月22日付のBBCニュースの記事によりますと、インド南西部の都市コジコードにて、ニパウィルスの感染が拡大しており、少なくとも10名の方が亡くなられております。現在2名の方がニパウィルスの感染が確認されており、現在重症との事です。また40名の方が検疫を受けています。現在、インドの都市ケーララでは注意アラートが発令しており、医療施設ではメディカルキャンプとコントロールルームを設置しており、対策を行っています。

ニパウィルスは比較的新しい病気で、最初に発見されたのは1999年に発生した養豚農家で発生した脳炎と呼吸器疾患です。ニパウィルスは動物、特にフルーツコウモリによるもので、発熱、頭痛、眠気、呼吸器疾患、混乱と精神的錯乱などの症状が現れ、24時間から48時間程で昏睡状態に至ります。

現在ヒトや動物に対してのニパウィルスの予防接種がない為、予防策として感染地域での豚やコウモリとの接触を避ける事やナツメヤシの樹液を飲まないことがあげられます。

 

The article from BBC NEWS on 22nd of May, at least 10 people have died in the outbreak in Kozhikode where southwest part of India, formerly Calicut.  Two others who have tested positive are seriously ill and other 40 people have been put into quarantine.  Health authorities across Kerala have been on alert, and medical institutions have set up medical camp and control room for against Nipa virus.

Nipa virus is a newly emerging disease and first identified in 1999 during the outbreak of encephalitis and respiratory illness among pig farmers is hard to diagnose.  The virus transmitted to humans from animals mainly fruit bats. The symptoms of the infection are fever, headache, drowsiness, respiratory illness, disorientation and mental confusion.  These signs and symptoms of infection progress to coma within 24 to 48 hours.  At this point, there is no vaccine for both humans and animals.  Because of this, for protecting infection, people avoid contact with sick pigs and bats in epidemic areas and not drinking raw date palm sap.

 

参考文献・記事

BBC NEWS

http://www.bbc.com/news/world-asia-india-44207740

CDC

https://www.cdc.gov/vhf/nipah/index.html

国立感染症研究所

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/447-nipah-intro.html

カテゴリー