I.H.C. クリニック

ブログ

Polio outbreak in Papua New Guinea

An outbreak of polio has been confirmed in Papua New Guinea, 18 years after the country was declared free of the disease according to BBC NEWS, 26 June 2018. The Polio virus was detected in six-year-o...

続きを読む

パプアニューギニアでポリオの感染が確認

パプアニューギニアでポリオが流行しています。 18年前にポリオの撲滅を発表したパプアニューギニアで4月に6歳の男の子がポリオに感染したとWHOが発表いたしました。感染者が見つかった地域では、現在症状が出ていない子供達からも同じタイプのウィルスが見つかっており、WHOが正式にポリオの流行を認定致しました。 ポリオウイルスの場合、感染しても多くの場合は症状が現れない為、知らない間に免疫が出来てしまいま...

続きを読む

ワールドカップを観戦しに行かれる方に対し、麻疹の予防接種が推奨されています。(Measles vaccine recommended for those attending World Cup)

麻疹は呼吸や咳で感染してしまうウィルス性疾患です。 今年四月に沖縄ではしかの感染が報告されましたが、その後感染が広がり、沖縄県だけでなく他の県でも沖縄での麻疹が関連している感染が報告されました。 日本国外では、ワクチン接種が十分に行われていない為に、ロシアを含むヨーロッパ諸国で感染が拡大しています。 ワールドカップサッカーの開催期間中、ドイツやブラジルなどの麻疹が大流行した地域を含む世界各国の人々...

続きを読む

Kentucky, Indiana latest states to report hepatitis A outbreak.(ケンタッキーとインディアナの両州でA型肝炎が流行中)

アメリカのケンタッキー州とインディアナ両州でA型肝炎が流行しているとCNNニュースが報告しています。 CNNニュースの記事によると、ケンタッキー州の保健局が昨年の8月から現在まで400件のA型肝炎の感染が確認(内69件は2018年に確認)、昨年11月に州全体に注意勧告を行っています。インディアナ州ではA型肝炎による死亡者は出ていないとの事ですが、ケンタッキー州では2018年に3名の死亡者が確認され...

続きを読む

輸入狂犬病ワクチンの接種回数の変更について

輸入の狂犬病ワクチンの接種回数が変更になりました。国産の狂犬病ワクチンの変更はございません。2018年4月20日にWHOより発表された新しい狂犬病に関するガイドライン、”WHO Position Paper”によると、変更前は狂犬病予防の為、3回予防接種を行っていましたが、変更後は2回接種となります。2回目の摂取は1回目の接種後7日目に接種する事を推奨しています。もし犬やその他の哺乳類にかまれた場...

続きを読む

ヨーロッパで麻疹が流行中(Measles outbreak in Europe)

WHOの発表では、2017年ヨーロッパの2万人もの人々が麻疹に感染し35名が亡くなられています。 BBC NEWSの記事では、20年前に公表された研究でMMRワクチンと自閉症の関連が報告された為、一部の人は予防接種を行わなかったとの事です。この結果、イギリスをはじめヨーロッパの国々で麻疹が流行し、ルーマニア、イタリア、ウクライナでは最悪な状況となっています。 外務省では、ヨーロッパに渡航予定の方で...

続きを読む

フィリピンで予防接種の接種率が低下(A big drop in immunisation rates in Philippine)

BBCニュースの記事によりますと、フィリピンの政府関係者はデング熱の予防接種への恐怖心で予防接種の接種率が下がり、予防可能な病気にかかってしまうリスクが高くなっていると話しています。  蚊に刺されることによって発症するデング熱は、毎年、世界中で4億人が罹患しています。フランスの製薬会社SanofiはDengvaxiaというデング熱の予防接種を最初に開発した会社ですが、今までにデング熱に罹患していな...

続きを読む

インフルエンザの感染者がアメリカ全土に拡大(Influenza now spread to nationwide.)

アメリカ疾病管理予防センターは週間の報告で、16名がインフルエンザの関連疾患で死亡し、昨年の10月より死亡者数の合計が53名に達したとCNN NEWSが報告しています。インフルエンザがいまだ活発で、インフルエンザの予防接種を行った子供の20%が亡くなっています。 前回の報告では、アメリカの47州でインフルエンザが猛威を奮っていましたが、現在はハワイやプエルトリコでもインフルエンザが流行しています。...

続きを読む

日本でもインフルエンザ感染者数が増加

本日2月2日、厚生労働省より最新のインフルエンザの発生状況が発表されました。2018年第4週(1/22~1/28)の集計では、インフルエンザの報告数が259,063件で、2018年第3週(1/15~1/21)の報告数256,833件より2,230件の増加が見られ、インフルエンザ様疾患発生報告における施設数の推移では、休校、学年閉鎖、学級閉鎖の合計数が10,139で今年最高の数となっております。 都...

続きを読む

インフルエンザ感染がアメリカ全土に拡大

インフルエンザがアメリカで猛威を振るっています。1月10日の当クリニックのブログで、カリフォルニア州からインフルエンザの感染が拡大していることをお伝えしましたが、現在インフルエンザはハワイ州以外のアメリカ全土に拡大し、37名の子供がインフルエンザの感染により亡くなり、12、000人の患者が病院に入院しています。インディアナ州では37歳の2児の母親が死亡。この母親は2人のインフルエンザに罹患した子供...

続きを読む

1 2

カテゴリー