I.H.C. クリニック

ブログ

足に鉤虫が寄生(Young couple contracts hookworms)

若いカナダ国籍のカップルがドミニカ共和国の砂浜を裸足で歩いた為、足に鉤虫が寄生しました。彼らはドミニカ共和国に滞在中、足のかゆみを感じていましたが、カナダに帰国後、痛みを伴う発疹や腫れなどの症状が見られる様になりました。足の腫れが継続したため、医師に診てもらいましたが、最初の二名は診断に至らず、3人目の医師は同じ症状があったタイからの旅行者を見たことがあったため、これらの症状が鉤虫によるものである...

続きを読む

インフルエンザ感染がアメリカ全土に拡大

インフルエンザがアメリカで猛威を振るっています。1月10日の当クリニックのブログで、カリフォルニア州からインフルエンザの感染が拡大していることをお伝えしましたが、現在インフルエンザはハワイ州以外のアメリカ全土に拡大し、37名の子供がインフルエンザの感染により亡くなり、12、000人の患者が病院に入院しています。インディアナ州では37歳の2児の母親が死亡。この母親は2人のインフルエンザに罹患した子供...

続きを読む

ブラジルでの黄熱感染拡大に関して(Yellow fever outbreak in Brazil)

ブラジル政府が黄熱に対しての警報を発令しました。 BBCとCNNニュースによりますと、 2017年12月以来、15名の方が黄熱によりお亡くなりになられました。いくつかのブラジルの州では、黄熱の感染拡大の為、ワクチン不足が起こっています。 黄熱は黄熱のウィルスを持っているかに刺されることによって感染する病気で、発熱、筋肉や背部の痛み、頭痛、寒気、食欲低下、吐気や嘔吐などの症状が現れます。しかし、これ...

続きを読む

ノロウイルス(norovirus)

ノロウィルスはノロウィルスというウィルスが原因で発症する感染性胃腸炎で冬の時期に流行します。ノロウィルスの発症は乳幼児に好発するロタウィルスやアデノウィルスと違い、全年齢にみられ、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者は重症化しやすいのが特徴です。感染から発症までに1日から3日かかり、嘔気・嘔吐や下痢、腹痛、軽度の発熱などの症状が現れます。多くの場合は1日から2日で改善が見られますが、下痢や嘔吐が続いた場合は...

続きを読む

インフルエンザの感染予防(Protecting from influenza infection)

インフルエンザとは、インフルエンザウィルスによって引き起こされる感染症で、国立感染症研究所の発表では、AH1pdm09のインフルエンザウィルスによる発症が一番多く、次いでB型、AH3型の順でインフルエンザが流行しています。 現在インフルエンザの発症者が多い県は宮崎県、次に沖縄県、大分県の順になっています。 インフルエンザの感染方法は二種類あり、感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫を、口や鼻から吸い...

続きを読む

アメリカでA型肝炎が流行(Hepatitis A spreads from San Diego, CA)

 現在、アメリカのユタ州とミシガン州でA型肝炎が流行しています。ユタ州の関係者の話では何千もの人々がA型肝炎に感染している可能性があると話しています。このユタ州のA型肝炎はカリフォルニア州サンディエゴから広がったもので、152件の感染が報告されていますが、幸いにも死亡者は出ていない状況です。一方、ミシガン州でもユタ州と同じくサンディエゴから広がったA型肝炎の感染が拡大しており、何千もの人々が感染し...

続きを読む

喫煙(Smoking)

少し古い記事になりますが、今回は喫煙に関してです。 2017年10月5日、東京都議会で「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」が可決しました。 その後も喫煙に関しては、国際オリンピック委員会(IOC)が2020年の東京五輪・パラリンピックを「たばこのない五輪」を目指していることから、受動喫煙に関して、新聞などで取り上げられているのをよく目にします。2017年6月19日付のJB Press の記事では...

続きを読む

アメリカ カリフォルニア州でインフルエンザが流行(Flu outbreak in California)

「薬局にはインフルエンザの内服薬がなく、救急外来には患者であふれ、死亡者の数が近年の数字を上回っています。」2018年1月6日付のLos Angeles Timesに掲載されています。 アメリカのカリフォルニア州では、多くの人がインフルエンザにかかっており、2017年10月からの統計で、65歳以下の年齢の方が27名亡くなられています。昨年までは10月から翌年4月の間でインフルエンザの患者数がピーク...

続きを読む

猩紅熱(Scarlet fever)

CNNニュースとBBCニュースがイギリスで猩紅熱の患者が増加しており、50年ぶりに2万人に達すると報告しています。猩紅熱はイギリスの他にベトナム、韓国、香港、中国等の東アジア諸国でも2009年以来増加の傾向が見られています。
猩紅熱は5歳から15歳までの子供によく見られ、A群β溶血性連鎖球菌という細菌よって発症し、紙やすりの様な見た目や肌触りの赤い発疹が首や顔に出来、その後胸の方に広が...

続きを読む

インターナショナルヘルスケアクリニック:医療搬送 5

前回まで医療搬送についてブログでお伝えしましたが、今回は医療搬送の際に起こった出来事や感謝したことを述べたいと思います。  医療搬送を行うにあたって、関わって下さった全ての方々には感謝の気持ちでいっぱいです。特に最初に患者様の情報を入手してから実際に医療搬送を行うまでに状態が改善していると感謝の気持ちでいっぱいです。私が最初に関わったドイツの案件では、最初の情報では帰国時までにリハビリもまだで、介...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9

カテゴリー