インターナショナルヘルスケアクリニック

インターナショナルヘルスケアクリニック

ブログ

2018.10.4

乳がん月間

国内医療情報

10月は乳がん月間、ピンクリボン月間です。 乳がんと聞くとキャンディーズの田中好子さんやタレントの小林麻央さん、最近では漫画家のさくらももこさんが乳がんで亡くなられています。\n\n日本人の女性11人に1人を患われると言われます。乳がんはステージⅣの患者の10年生存率が20%以下と乳がんの進行が進むにつれ生存率が低くなってきますが、ステージⅠの様に早期に発見されると10年生存率が90%と生存率が高くなり、治療をすれば多くが治る病気です。\n\nピンクリボン月間では全国でイベントなどが行われ、姫路城や神戸港では10月1日よりピンクのライトアップを行われているほか、10月13日にはピンクリボンフェスティバルスマイルウォークが行われます。\n\n乳がん検診は各都道府県で行われており、東京都港区の場合、40歳以上の方が2年に1回検診が受けられるよう受診券をお送りしています。乳がん検診を希望される方は是非お近くの保健所に問い合わせてみてください。\n\n \n\n参考記事\n\n港区\n\nhttp://www.city.minato.tokyo.jp/kenkouzukuri/kenko/kenko/shinsa/gan/nyuganmanmo.html\n\nピンクリボンフェスティバル\n\nhttp://www.pinkribbonfestival.jp/\n\n朝日新聞\n\nhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000106-asahi-soci