インターナショナルヘルスケアクリニック

インターナショナルヘルスケアクリニック

ブログ

2017.10.26

公害

その他

 公害に関連した死亡のケースはバングラディッシュやソマリアのような低所得と注所得の国々おいて発生しており、特に空気汚染に関連する死亡者は公害に関連した死亡者の2/3に達しています。その多くの場合、心疾患や肺がんなどの非感染症疾患が死亡原因になっています。

\r\n

 最大の死亡原因である空気汚染による若い年齢で死亡したケースは650万人に至り、空気汚染の原因は空気中のガスや埃などの微粒子をはじめ、各家庭によるものや、木や石炭を燃やすことによってひき起こされるものです。  次に死亡率が高い公害は水質汚染で180万人もの人々が亡くなられています。 全体の92%に及ぶ公害に関連した死亡者はインドなどの発展途上国や中国で起こっています。(インドは公害による死亡者数の多い国の第5位、中国は16)

\r\n

 上記に記載した通り、インドと中国が比較的公害の多い国としてのイメージがあると思いますが、イギリスやアメリカでも公害問題が深刻化しており、イギリスの公害による死亡者は死亡者全体の8%、50,000に達し、アメリカやドイツ、フランス、スペイン、イタリア、デンマークなどの他のヨーロッパ諸国と比較して多いのが現状です。

\r\n

Related Site (関連サイト)

\r\n

BBC Newshttp://www.bbc.com/news/health-41678533