インターナショナルヘルスケアクリニック

インターナショナルヘルスケアクリニック

ブログ

2018.3.30

薬剤耐性淋病

海外医療情報

BBCニュースの記事によりますと、英国籍の男性が東南アジアに滞在中に性サービスを受け、多剤耐性の淋病に感染しました。

この男性は今年の初めころに淋病に関したとの事です。

イギリス公衆衛生局は第一選択の抗生物質であるアジスロマイシンとセフトリアキソンが効かない初めてのケースであると発表、WHOもこのケースが世界で初めてであると発表しています。

淋病はNeisseria gonorrhoeaeによって発症する性病で、性行為によって感染します。

感染すると症状として緑や黄色の分泌物や排尿時の痛みや出血がありますが、症状を認識するのは難しいとの事です。

もし妊娠されている方が淋病の治療を行っていない場合、胎児への感染や子宮外妊娠の原因となります。

今のところこの男性以外に感染している方はいませんが、現在も調査は継続中です。

淋病に感染した男性は現在も第一選択肢の抗生剤以外の抗生剤での治療を行っている最中で、

効果の結果は4月中にわかるそうです。

 

参考資料

BBC NEW

http://www.bbc.com/news/health-43571120

 CNN NEWS日本版

https://www.cnn.co.jp/world/35116907.html

 国立感染症研究所

https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ra/gonorrhea/392-encyclopedia/527-gonorrhea.html